1. ホーム
  2. 展示会・イベント
  3. 現在の企画展

現在の企画展

【開催中の企画展】とやまの平安時代

開催日
2024年4月26日(金)~2024年7月7日(日)

今から1230年前、現在の京都市に平安京と呼ばれる新しい都が作られました。これが平安時代の始まりとされています。

都では、天皇に仕える貴族たちが国の政治や文化を主導しました。

千年にわたって都とされた平安京から、日本の伝統文化の基礎となる儀礼や慣習が各地へ広まり、現在も受け継がれています。

今回の企画展は、平安京と越中(富山県)の結びつき、越中に伝えられた平安時代の文化、平安時代の有名な歴史人物、また「源氏物語」と越中との関わりを紹介しています。

 

写真:「源氏物語」に登場し、下村・加茂神社(射水市)に名残りを伝える正月行事を描いた「小松引絵巻」(写、部分)

国立国会図書館デジタルコレクション(写真展示)

射水市新湊博物館ロゴマーク